半導体不足時代を生き抜くための次世代UIUX開発 
ライブウェビナー
Meet Qt Japan

2022年9月2日(金)13:00 - 17:00 | 参加無料


ウェビナー参加登録

なぜ今クロスプラットフォームで、
拡張性の高い次世代UXの開発に取り組むべきなのか?

 

なぜ今クロスプラットフォームで、拡張性の高い次世代UXの開発に取り組むべきなのか?
その理由を業界のトレンドを紹介しながら、実際にはどのような手順になるのか
イメージしていただきやすいよう、デモを交えてご紹介します。
本イベントは、リアルセミナー及びウェビナーで同時開催します。



【開催概要】

■日時:202292 13:00 - 17:00

■参加費:無料(要事前申し込み)

■会場: オンライン(Zoom)


【お知らせ】
**本イベントはリアルセミナーおよびウェビナーの同時開催を予定しておりましたが、昨今の新型コロナウイルス感染症の拡大の影響を鑑み、ウェビナーのみの開催に変更させていただきます。
リアルセミナーへの参加をご検討くださった皆様にはご迷惑をおかけしますが、お客様、お取引各社様、及び社員の健康を最優先とするため、ご理解を賜れますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 ウェビナー参加登録

case_autodesk

ご興味のあるセッションのみの聴講も歓迎です!

13:30 - 13:35 ■ご挨拶・会社紹介
13:35 - 14:35 ■半導体不足時代を生き抜くための次世代UIUX開発とは

昨今の半導体不足は深刻化によって、ビジネスのあらゆる側面が見直しを迫られています。UIUXの開発もこの影響を大きく受けるエリアです。
世界的にサプライチェーンの混乱と経済の不安が色濃くなる中でも、変化に柔軟に対応して製品を安定的に供給し続けながら、競合他社との差別化を打ち出すことのできる製品を開発することが多くの企業にとって生き残りをかけた課題となっています。
本プレゼンでは、なぜ今、半導体不足を生き抜くためのクロスプラットフォーム戦略と、リッチなUXUIの開発に取り組むべきなのか、世界的な調査会社Forresterの調査結果をもとに解説します。
14:45 - 15:45

■スケーラブルな次世代UXを効率的に開発する手法

ユーザーを見た目や使用感で満足させるUXUIを提供できるか?ということが、企業の競争力を左右する時代になっています。
QtはOSやHWを問わずに展開でき、MCUでも華やかなUIUXを展開できる高いクロスプラットフォーム性、トレンドを押さえたUIUXを手軽に開発するためのツールやアジャイル開発・ローコード開発を実現するツールで効率よく競争力の高い製品の開発をサポートします。
最適なUI/UXを実現したいが工数がかかりすぎている、エンジニアの働き方改革を検討しなければいけないといった課題をQtがサポートします!

16:00 - 17:00

■UIUXの開発トレンドを手軽に実現 ~ Qt Design Studio ~
リッチなUXを提供するためにはどのようなことを考慮すべきか、開発のトレンドをご紹介しながら、これらのトレンドを取り入れたUIUXの開発をQtがどのように効率化するのかデモを交えながらご紹介します。
Qtの正しい使い方を覗いてみたい、という方も是非ご参加ください!

 

 

ウェビナー参加登録

 

 

 

参加可能な人数に限りがあります
今すぐお申込みください!