Do you want to know how your customers use your applications and devices? Try Qt Insight Beta.
最新版Qt 6.3已正式发布。 了解更多。
最新バージョンQt 6.3がご利用いただけます。 詳細はこちら

Qt Creator 4.2 ベータ版リリース

この記事は Qt Blog の「Qt Creator 4.2 Beta released」を翻訳したものです。

執筆: Eike Ziller, 2016年10月26日

本日 Qt Creator 4.2 のベータ版をリリースいたしました。

Qt SCXML Editor

Flat Dark Theme - Qt Creator 4.1

Qt SCXML は Qt の新しいモジュールで、State Chart XML からステートマシーンを構築し、Qt C++/Quick のアプリケーションに組み込むことが可能になります。概要は Overview を参照してください。この機能自体は Qt 5.7 にテクニカルプレビューとして含まれていましたが、5.8 では完全にサポートされる予定です。

Qt Creator 4.2 では SCXML のグラフィカルエディタ を(実験的に)追加しました。ステート、サブステート、トランジション、イベントとすべての種類のプロパティの編集に対応しています。このエディタは実験的な機能のため、プラグインはデフォルトでは無効になっています。試す場合は ヘルプ > プラグインについて... (macOS の場合は Qt Creator > プラグインについて) より有効にしてください。

Projects Mode

プロジェクトモードの作りを見直し、プロジェクトや様々な設定の選択の仕方を改善しました。これまでは2重のタブ形式になっていましたが、プロジェクトをドロップダウンで選択し、キットなどのカテゴリはツリー形式で表示するようにすることで、より使いやすい画面になりました。キットの有効化はツリー内の該当するキットをクリックするだけで可能になっています。なにか問題や改善点がありましたらバグトラッカーにてフィードバックをお願いします。

Qt Quick Designer

Qt Quick Designer には細かい改善が数多く追加されています。コネクションエディタには、C++ のバックエンドオブジェクト(documentation)を扱うために必要な import の管理とプロパティの宣言のセクションが新たに追加されました。(Qt Quick 2.6 で追加された)padding もサポートされました。また、State の when も編集可能になりました。

その他の新機能や改善点

QML のプロファイル時に、メモリの確保や使用量をフレームグラフとして表示する機能が追加されています。

ツール > 差分 > Diff Current FileDiff Open Files を追加し、Qt Creator で開いているファイルの更新の差分表示が可能になりました。

CMake のプロジェクトを開く際のパフォーマンスも改善し、定義済みのプロパティのオプションのサポートも追加されました。

これ以外にも様々な変更が含まれています。詳細は change log を参照してください。

Get Qt Creator 4.2 Beta

オープンソース版は Qt ダウンロードページ から、商用ライセンスをお持ちの方は Qt Account Portal から入手可能です。バグを見つけた際には是非 バグトラッカー にて報告をお願いします。IRC の chat.freenode.net の #qt-creator や Qt Creator のメーリングリスト 上でのコミュニケーションも大歓迎です。


Blog Topics:

Comments