Do you want to know how your customers use your applications and devices? Try Qt Insight Beta.
最新版Qt 6.3已正式发布。 了解更多。
最新バージョンQt 6.3がご利用いただけます。 詳細はこちら

Qt for MCUs 1.1リリース

本記事は「Qt for MCUs 1.1 released」の抄訳です。
Qt for MCUs 1.1がQtインストーラーからダウンロードできるようになりました

Qt for MCUsと、Qtを使用してマイクロコントローラー搭載のデバイスにスマートフォンのようなUXを作成する方法についてまだご存じない場合は、製品ページQt for MCUs 1.0のブログ投稿で詳細をご確認ください。

What's new

このバージョンで追加された新機能を見る前に、Qtの他の部分と同じエクスペリエンスを提供するため、ドキュメントに多くの労力が費やされたことに触れたいと思います。 構成からタイプや機能の参照、アプリケーション開発のガイドラインまで、すべてをカバーする200を超える新しいページが公開されました。 新しいデモや例とともに、Qt for MCUsの最初のステップがさらに簡単になります。 また、インストールディレクトリに含まれているオフラインドキュメントに加えて、Qt Creatorおよびオンラインのドキュメントにもアクセスできるようになりました。

 Qt for MCUs 1.1を一言で:

これらの新機能の詳細については、ベータリリースのブログ投稿をご覧ください。

.変更のより詳細な一覧は、変更ログをご確認ください。

入手するには

SDK

このアップデートにアクセスできる商用ライセンスをおもちでなない場合は、Qt for MCUの製品ページにアクセスし、[Try Qt for MCUs]をクリックして評価ライセンスを取得してください。 パッケージは、QtインストーラーのQt for MCUsセクションからダウンロードできます。 なお、現在サポートされている唯一のホスト開発プラットフォームWindowsのみであることにご注意ください。 ホスト開発プラットフォームとしてLinuxまたはMacに興味がある場合は、コメントセクションでお知らせください。 フィードバックは、将来のリリースの計画に使用します。

QtMCUs-installer

Qt Creatorで最高のエクスペリエンスを得るには、4.12.0バージョンのIDEが必要です。

問題が見つかった場合は、サポートセンターでリクエストを作成してご連絡ください。

デモバイナリ

サポートされている開発ボードのうち、ただデモだけを試したい場合、 NXPRenesasおよび STMボード用に書き込み可能なビルド済みのイメージをダウンロードできます。

今後の展望

今後数か月間にいくつかのアップデートをリリースし、さらに多くの新機能と改善をお届けします。

現在、私たちは、2つの重要なQtツールQt CreatorとQt Design Studioの統合に注力しています。

Qt Design Studioは、Qt for MCUsで利用可能な機能に適合した設計環境に基づいて、マイクロコントローラーのプロジェクトの作成をサポートします。 通常のQtアプリケーションで利用でき、アニメーションの作成を大幅に簡素化するタイムライン機能は、Qt for MCUsに移植されます。

Qt Creatorは、C ++およびQMLコードのオンターゲットデバッグをサポートします。

Qt Quick Ultralite(またはQUL、「クール」と発音)は、Qt Quickの軽量バージョンになるように設計されています。つまり、完全なQt QuickフレームワークからQML APIのサブセットを提供します。 Qt for MCUs(v1.0およびv1.1)とQt(v5.14以下)のAPIのサブセットにはいくつかの違いがありますが、これらの違いは次のバージョンで対処される予定です。

最後に、現在サポートしていない半導体メーカーを含む、サポート対象ボードの追加をします。 さらに重要なことは、MCUのQtを任意のハードウェアに簡単に移植できるようにする新しいプラットフォーム抽象化APIを導入することです。

マイクロコントローラのプロジェクトを予定していて、Qt for MCUsで確認したい新機能についてご質問・ご相談のある場合は、お気軽にお問い合わせください。

もっと詳しく

Qt for MCUの詳細については、5月12日~13日に開催される無料のQt Virtual Tech Con 2020イベントに参加してください。このイベントでは、4つ以上の異なるセッションがMCUに焦点を当て、専門家から直接学ぶ機会を提供します。 登録して、このリンクからアジェンダをご確認いただけます。


Blog Topics:

Comments