Qt Design Studio - アプリケーション向けユーザーインターフェイスデザインツール

Qt Design Studioは、デザイナーと開発者の間にあるギャップを埋めます。 1つの統合フレームワーク、1つの共通言語、フィードバックループの削減、イタレーションの高速化を同時に実現します。

Qt評価ライセンスでをQt Design Studioを試す

ワイヤーフレームから実装まで

Qtが提供するネイティブな外観を持つ既成のUIコンポーネントを利用したり、ピクセルパーフェクトなエレメントを最初からデザインしてUIの外観と美しいアニメーションを定義

デザインをコードに自動変換

Adobe PhotoshopまたはSketchで2D UIデザインを作成。 FBXやCOLLADA互換フォーマットを使用して、Maya、MODO、またはBlenderから3Dデザインをエクスポート。これらをQt Design Studioにインポートすると、開発者が使えるアセットとデザインのコードを自動的に生成します。

実際のデバイスでプロトタイプ設計

Qt Design Studioのプロトタイピング機能で、デザインに命を吹き込み、インタラクションとダイナミックな動作をシミュレートおよび検証します。デザインを即座にプレビューし、ピクセルパーフェクトにデザインを調整し、ターゲットデバイスでテストします。

ベネフィット
Qtフレームワーク

使い慣れたツールと強力なフレームワークと組み合わせて開発。

コンポーネントを再利用

同じプロジェクトまたは異なるプロジェクトでQMLコンポーネントを再利用することにより、大幅に時間と労力を節約します。

コードを自動で生成

デザインからコードを自動で生成し、時間を節約します。

多次元設計

シームレスに融合できる2D・3Dグラフィックスをネイティブでサポートし、UIデザインを全く新しい次元に引き上げます。

カスタムスタイル

コントロールを簡単にカスタマイズするオプションでブランドの一貫性を確保。

既製のコントロール

ゼロから作成するのではなく、既製のネイティブな外観のUIエレメントを活用することができます。

実際のハードウェアで
高速イタレーション

デザインをインタラクティブなプロトタイプにすばやく変換して、ターゲットハードウェア上でUIの検証およびイタレーションを実行します。プロトタイプを実装の開始点として使用できます。

ワークフローを最適化

デザインを開発者がすぐに使用できるため、仕様を書いたり更新する負担を低減します。

技術的特徴
入力方法

物理キーボード、マウス、カスタムハードウェアキー、および仮想キーボードとマルチタッチジェスチャ対応のタッチスクリーンが利用可能。

ビジュアルエディター

Qt Design Studioの直感的なセットアップで、2D / 3Dデザインを視覚的に編集。一般的なデザインソフトウェアのユーザーがすぐに使えるように設計されたツール。

カスタマイズ可能な視覚効果

カスタマイズ可能なビルトインの視覚効果でグラフィックデザインを強化します。

編集可能なイージングカーブを使用したタイムラインアニメーション

キーフレームベースのタイムラインアニメーションで、デザインに躍動感を。アニメーションのイージングを自由に定義することが可能です。

JavaScriptを使用したプロトタイプ

アプリケーションの設計中に、JavaScriptを使用してアプリケーションロジックをシミュレートします。

ダイナミックでスケーラブルなレイアウト

UIエレメントのサイズまたは位置を自動的に調整して、任意の画面サイズと解像度に適応させます。

ステートエディター

ユーザーが触れる、さまざまなUIのステート間の遷移を作成、変更、および追加します。

フローエディター

ユーザーがアプリケーションビュー間を移動するフローとトランジションを設計します。

編集可能なイージングカーブ

アニメーションの速度と加速度を一貫して編集および定義します。

3Dポスト処理FX

フォトリアリスティックなビジュアルを実現する、豊富なフィルターとエフェクトを使用した3Dポスト処理エフェクト。

シーンエディター

高度なシーンエディターでデザインをピクセルパーフェクトに微調整します。