Qt JAPAN SUMMIT 2015

最高の UX/UI を最高のパフォーマンスで

 セッションのご案内はこちら

次世代のアプリケーション開発とデバイス開発を体験

Qt Japan Summit 2015 は 、The Qt Companyとそのエコシステムが一体となり、最新のイノベーションを共有できる1年で最も重要で、世界的に影響力のあるイベントです。世界中の新たな可能性や最新の技術に触れる絶好の機会となります。

そして、あなたの最新の技術成果を紹介することのできる、将来のビジネスに向けたショーケースでもあります。

開催日時:2015年5月26日(火)

登録締切:2015年5月25日(月)

会場: 秋葉原コンベンションホール

〒101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル

アクセスマップはこちら»

Qt Japan Summit に参加する意義

  • 最新のテクノロジーとトレンドに触れる
  • Qt および業界のエキスパートと交流する
  • テクニカルセッションを通してQtのテクノロジーを知る
  • スキルを向上させる
  • 新しいビジネスを始めるきっかけを作る

昨年の様子はこちら»

アクセスマップはこちら»

QtDD14 Exhibition area2

アジェンダ

 セッションのご案内はこちら

主催

theqtcompany-523x236

The Qt Companyは、Digia Plc.(NASDAQ OMX Helsinki exchange -DIG1V)の子会社として、Qtの商用版及びオープンソース版の製品開発、ライセンス提供を行っています。

Qtは、世界中で80万人以上のユーザーに利用されている、インタラクティブで、強力なクロスプラットフォームアプリケーションや組込み機器を開発する為の、C++ライブラリフレームワークです。Qtは、複数のデスクトップ、組込み、モバイルOSで、ひとつのソースコードをそのまま使うことができ、アプリケーションや組込み機器を開発する為の時間を、大幅に削減することが可能です。Navico, ABB、Pitney Bowes、Thales, Michelin、Magneti Marelli、Sennheiserのような業界のリーダー達が、自身の車載端末、インダストリアルオートメーション、ミッションクリティカルなシステムにQtを採用しています。The Qt Companyは、中国、フィンランド、ドイツ、ノルウェー、ロシア、スウェーデン、アメリカにオフィスを持ち活動しています。

Code less. Create more. Deploy everywhere.

詳細については、 http://qt.io. へアクセスください。

スポンサー

sra_toumeilogo

株式会社 SRAは、日本におけるQtのリーディングカンパニーとして、自動車、医療、産業機器、プリンタ、防衛等の様々な分野へ、各種ライセンスやオリジナルソリューション、トレーニング、プロフェッショナルによるコンサルティング、システム開発支援、サポートまでをワンストップで提供しています。10年以上の実績を持つ豊富なノウハウと高い技術力を持ったSRAのQtプロフェッショナルと50名以上のQtエンジニアが、Qtを活用する手段をご提案します

https://www.sra.co.jp/qt/

isb_logo_

株式会社アイ・エス・ビーはQtリセーラーとして、また移動体通信や流通・製造、金融、医療・介護、官公庁・自治体、放送、車載などのソフトウエア開発や、各分野で培ったコア技術とサービス・ノウハウを融合した統合ソリューションを提供する、ITソリューションパートナーです。

http://www.isb.co.jp/

WIND-Logo-Red-Small-Screen[1]

ウインドリバーは、ネットワーク対応型インテリジェント システム構築のためのソフトウェアを提供するグローバルリーダーです。包括的なエンドツーエンドのソリューションポートフォリオが、セキュアなインテリジェントデバイスからゲートウェイ、クリティカルなネットワークインフラストラクチャ、さらにクラウドにおよぶIoTのニーズに応えます。

www.windriver.com 

Adeneo_Embedded

Adeneo Embedded は、フリースケール・i.MX アーキテクチャ上での QNX、Windows Embedded、Android および 組み込み Linux 向け開発パートナーです。

www.adeneo-embedded.com

PTP_logo

株式会社PTPは、テレビをネットのように検索したり、シェアできる新しいサービス、SPIDERを開発しています。また、検索やシェアに使われるデータベース構築や利用状況のデータ分析などたくさんのユニークなデータを運用しています。現在は、約500社の企業や団体の広報やマーケティングのプロフェッショナルの間で広く使われており、今後、一般家庭用モデルも発売する予定です。

2006年開発の初代機よりQtを採用し、開発中の新機種でも大部分をQt5/QtQuick2で作成しています。Qt勉強会@Tokyo(主催:日本Qtユーザ会も新宿御苑近くの弊社オフィスにて毎月開催中。

http://www.ptp.co.jp/

 

※このページの日本語訳は 株式会社 SRA によるものです。